• このエントリーをはてなブックマークに追加

全ての致命的ミスは、発生までに些細なミスを300回連続無視し続けた結果である。偶然の致命的ミスはこの世に存在しない。

千田琢哉の名言

参考著書:20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる

致命的なミスというものは偶然には決して起きない。なぜならば、それが起きる前に危険信号が300回はなっているからだ。

これはビジネスにも恋愛にも言えることだ。些細な不安や恐れが出たら、それを無視してはいけない。取り返しのつかないことになってからでは遅いのだ。

小さいうちから対処すれば最低限の被害で済む。常に注意を配ろう。何も考えないで、大きなミスが起こってから気付くのではリスクが高すぎる。

千田琢哉について

著述家。愛知県出身。学生時代に10000冊を超える書籍を読み、社会人時代では、3300人を超えるエクゼクティブと10000人を超えるビジネスパーソンと触れ合う。その対話によって得た事実と培った経験を活かし、「タブーへの挑戦として時代を創る」をミッションとして数多くの本を執筆をする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター名言 千田琢哉 メンターとは