• このエントリーをはてなブックマークに追加

陰口は憎悪を生む。文句は信頼を生む。

千田琢哉の名言

参考著書:20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる

陰口というのは、相手のいない場所で誰かに悪口を吹き込むことだ。これはたちが悪い。さらにその悪口は人を伝って必ず本人に届いてしまう。そして信頼を壊していく。

文句は本人の目の前で言う。これはたちが悪いと勘違いされやすいが、隠れてこそこそ言う奴がほとんどの世の中でこれをするだけで一目置かれる。

何もしておらず、他人の成功だけをうらやむ人間であればあるだけ、陰口を言う。文句を言える人は自分の意見をはっきり言える人ということで信頼が増えていくものだ。

千田琢哉について

著述家。愛知県出身。学生時代に10000冊を超える書籍を読み、社会人時代では、3300人を超えるエクゼクティブと10000人を超えるビジネスパーソンと触れ合う。その対話によって得た事実と培った経験を活かし、「タブーへの挑戦として時代を創る」をミッションとして数多くの本を執筆をする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター名言 千田琢哉 メンターとは