• このエントリーをはてなブックマークに追加

やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる

林真理子の名言

参考著書:野心のすすめ

やってみる価値がある、面白そうと思ったことはどんどんやるべきだ。

やってしまったことの後悔は心からちゃんと血がでる切り傷のようなものだ。かさぶたになり、そのかさぶたもやがてなくなる。しかし、やらなかったことの後悔は内出血のようなもので、知らず知らずにうちに出来、なかなか治らないものである。

内側にずっとある痛みはなんともしがたい。

林真理子について

コピーライターを目指していたが、作家に転身し、デビュー作「ルンルンを買っておうちに帰ろう」が大ベストセラーになる。その後、「最終便に間に合えば/京都まで」で直木賞を受賞。小説のみならず、週刊文春やan・anの長期連載も持つ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター名言 林真理子 メンターとは