• このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の「あり方」のバランスを整える

和仁達也の名言

参考著書:年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書

テクニックよりも自分の「あり方」を整えることが大切である。なぜなら、言葉、行動、態度に一貫性があるかどうかを、できる社長ほどよく見ている。

「あり方」とは、「人生やビジネスの起点になるスタンス」である。ひとことで言えば、ミッションや理念である。

人は、言行一致の人や、事前期待と実際とが一致する人に信頼感を抱き、逆の場合は失望する。「あり方」が決まっている人は、常に起点が定まっているため、行動と言葉が一致するのである。

和仁達也について

月給25万円のサラリーマンから27歳の若さでコンサルタントとして独立。月1回訪問、月額15万円からスタートし、今では月額30万円の顧客を複数抱え、今では年間報酬が3000万円を超える人気コンサルタントに。著書も10作を超え、「世界一受けたいお金の授業」は7.1万部を超えている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター名言 和仁達也 メンターとは