• このエントリーをはてなブックマークに追加

練習を積むのではなく、本番を積む

千田琢哉の名言

参考著書:常識を超える勇気が道をひらく

最高の自己研鑽は本番を積み重ねた回数である。

本番から逃げ回って、練習ばかりしている人がいる。それではただの臆病者だ。100回練習をして本番の経験がない者と50回しか練習してないが本番を1回経験しているものでは後者が勝つ可能性が非常に高い。本番と練習では空気が違うのだ。

あなたがもし本物になりたいのであれば、本番をどんどん経験することだ。口実で練習している、というのではなく、本番を何回も積み重ねるのである。

千田琢哉について

著述家。愛知県出身。学生時代に10000冊を超える書籍を読み、社会人時代では、3300人を超えるエクゼクティブと10000人を超えるビジネスパーソンと触れ合う。その対話によって得た事実と培った経験を活かし、「タブーへの挑戦として時代を創る」をミッションとして数多くの本を執筆をする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター名言 千田琢哉 メンターとは