• このエントリーをはてなブックマークに追加

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

著者:岩田松雄

日産自動車に入社し、様々な経験を経て、ザ・ボディショップやスターバックスコーヒージャパンの代表を務めた著者が「リーダー像」について書いた1冊。

“リーダー”と聞くと、圧倒的なリーダーシップを持ち、完璧なプレゼンテーションをこなし、人を使い、人を動かしていくイメージが先行しがちだが、それは一種の固定概念である。そういうイメージだと、「自分には到底無理だ」と感じるかもしれない。しかし、自分のことを「普通のおじさん」と呼ぶ著者は誰でもリーダーになれると述べている。

リーダーは弱くていいし、周りから推されてなるものだからである。そもそもリーダーは人を治める前に自分自身を修めなくてはならない。

何よりも大切なのは人間性を高めることである。そのためには徳を積まなければならない。

どうやって徳を積むかといえば、目の前の仕事に一生懸命取り組むこと、机の上ではなく足を使って現場をみることである。役職が上になればなるほど現場を離れがちになるが、それではいけない。

付加価値を生む瞬間はどこかということを常に意識して行動する必要がある。特にスターバックスなどのサービス業の場合だと、スタッフがお客様と接する瞬間こそが最も大切な時なのである。
それを本社でイスに座って頭を悩ませていても解決することはないだろう。と同時にすべてのスタッフと同じ距離感、同じ接し方をすることを強く意識する必要がある。

特に自分の役職が上がるにつれ、役員は毎日顔を合わすがなかなか現場に顔をだすことができない、という状況になることがある。そのため、今まで以上に現場を強く意識して、現場の人たちを守ろうと思うことでバランスがとれる。

本社は本社で真剣に考えた取り組みも現場が不満をもっていい加減にやっていたのではどちらにとってもマイナスになる。新しい仕組みだけでなく、「新しい仕組みを行ってもらうコミュニケーション」も大切である。

リーダーは常に現場を見て、現場でしか感じられないものを把握しておく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方」のおすすめポイント

組織の中で部下を持つ人はもちろんのこと新入社員にもおすすめである。スターバックスコーヒーのCEOを務めた著者がどのような考え方でそこまで上がってきたかが書かれている。リーダーとしてのあり方はもちろんのこと、部下への接し方などの細かい点にも言及している。入社したての新入社員や若手社員にもおすすめの1冊である。

岩田松雄について

1958年生まれ。大阪大学卒業後、日産自動車に入社。その後、外資系コンサル会社、日本コカコーラの役員を経て、ゲーム会社の代表取締役に就任。三期連続の赤字企業を復活させる。ザ・ボディショップの代表取締役、スターバックスコーヒージャパンのCEOとして活躍した。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 岩田松雄 メンターとは