• このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一やさしい問題解決の授業

著者:渡辺 健介

これは、あなたに考え抜く技術を身につけるための解説書である。考え抜く技術とは、考え抜き行動する癖をつける事だと著者は述べている。これは癖をつける事だから、才能ではなく、誰にでも訓練で手に入れる事が可能だと説いている。技術を身につける事が出来れば、日常生活から大きなプロジェクトまでどんな困難でも克服できるはずなのだ。

私たちは、普段から色々な問題に直面している。テストの成績をあげたい、体重を減らしたい、マイホームを建てたいなどなど、子供からお年寄りまで悩みのない人を探す方が難しい。そして、その問題は、ほとんどが未解決のままなのだ。なぜ、そのままなのか?それは問題解決の思考を教わっていないからだ。自分で考え行動することが可能性を広げる事だと気づいていないからだ。

だから著者は、出来るだけ早い段階から、ぜひ、この問題解決の癖をつけてほしいと子供向けに本書を書いた。子供向けという事で、図解入りで、実に解りやすく、見やすい。いつの間にか自然に着地へと導いている点がすばらしい。この通り進めていけばいつの間にか打ち手が分かり、どう行動していくべきか知る事が出来るのだ。

しかしながら、著者は言う。理解できる事と、使いこなせる事の間には多大なギャップがあると。だから様々な問題に遭遇して、あきらめずに何度も解いてみる事が、大切だと話している。そして、家族で、クラスで普段の生活の中で、疑問が浮かんだら話し合う事を意識するも事も、考え抜く力を養う事において重要だと述べている。

子供だけではなく、大人にも通じる問題解決力。あなたにもぜひ読んで、実践して身につけていただきたい。何度も挑戦し、反復していけば、それがあなたの定番の思考に変わっていくはずなのだから。

ライター名:koaki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界一やさしい問題解決の授業」のおすすめポイント

これは、子供向けに優しく書いているが、大人にもお薦めだ。特に、ずーっと悩みを抱えている人にお薦めしたい。大きく複雑な問題でもいくつかの小さな問題に分解すれば解けるからだ。その手法をぜひ、自分の物にして、人生を切り開いていただきたい。

渡辺 健介について

デルタスタジオ 代表取締役社長。1999年イェール大学卒業(経済専攻)同年マッキンゼー・アンド・カンパニー東京オフィィスに入社。2003年ハーバード・ビジネススクール入学、2005年卒業。同年、マッキンゼー・アンド・カンパニーニューヨークオフィスへ移籍。同社を退職後デルタスタジオ設立。

メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 渡辺 健介 メンターとは