• このエントリーをはてなブックマークに追加

努力が勝手に続いてしまう。

著者:塚本亮

偏差値30からの逆転劇など最近よく聞く話である。しかし、著者は更にまだある。新聞にも載る喧嘩沙汰を起こし、警察、家庭裁判所にお世話になる羽目になる。

そんなマイナスからのスタートで最終的にはケンブリッジ大学大学院に合格するのである。著書はどこからでも頑張れるんだって事を教えてくれる。「努力」とは何か?からひも解いて、変えられる努力と変えられない努力とに分けて解説している。

そして精神論で何とかなるものではないとハッキリ言っている。この言葉にはホッとする人が多いのではないだろうか。精神論で片づけられると「自分はダメな弱い人間だ」で終わってしまうからだ。

今まで散々努力が続かなくて挫折してきた人はこの著書で努力の仕組みを理解してもらいたい。また、努力が続く技術を習得して自分の夢、目標をかなえてほしい。自分を動かすことは、そんなに難しい事ではないことに気づいて、今を動かして欲しい。最後にやり遂げている人は、努力の差というよりは素直さの差だと著者は話している。

あれこれ理屈を言うより成功している人の話を聞いてそれを実践している、つまり行動している人の差だと。結果が出るまで何回失敗しても構わない。挑戦するのに回数制限はないという言葉には感動を覚える。これは、自らの経験の重みからの言葉だからこそ、胸に響く。あなたも自分に期待してみてはいかがだろうか。それこそが努力が続く鍵なのだから。

ライター名:koaki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「努力が勝手に続いてしまう。」のおすすめポイント

自分に自信がない、駄目だと思っている人に読んでもらいたい。今からでもできると思わせてくれる。なぜならば、努力の続ける秘訣、方法をこと細かくこの著書で処方しているからだ。きっとあなたの希望の道標となるだろう。

塚本亮について

ケンブリッジ大学大学院修士課程修了。(専攻心理学)偏差値30台、退学寸前の問題児から同志社大学経済学部卒業。

その後ケンブリッジで心理学を学び、帰国後、京都で英会話スクール設立。心理学と自身の学習経験を生かした指導法が注目され、国内外から指導依頼殺到。

学生から社会人まで100人以上の日本人をケンブリッジ大、ロンドン大など海外トップ大学・大学院に合格させている。

メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 塚本亮 メンターとは