• このエントリーをはてなブックマークに追加

行動する勇気

著者:杉山大輔

著者は元ソニーCEOの出井伸之氏が社長に選んだ弱冠34歳という若さの杉山大輔氏。

その若さで手に入れられた秘訣とは何か。それを小学生時代をニューヨークで過ごして感じた日本とアメリカの価値観の話から、ベンチャー歴15年の経験もふまえた体験談は実に学ぶことが多い。

内容はタイトル通り、行動する勇気について語られている。最近の啓発書では最後の秘訣として語られることが多いアドバイスだが、タイトルで打ち出しているところから、著者の情熱がひしひしと伝わってくる。

すこし具体的に深めると、自分の好きなことを仕事にしたい人、夢を実現したい人など、そうは思っていてもできない理由を考えてしまい、行動できていない人に向いている。

文中では、ただの理論を並べているありがちなものではなく、著者の体験から実際に身になった事を行いやすいアクションとしてちりばめられている。

特典も豪華なものがついており、著者と出井伸之氏の対談の動画とアクションの1つであるキャリアシートを手に入れることができ、まずは1歩からの行動の配慮はさすがである。

また、見た目以上にさらりと読みやすく、2時間もあれば読めてしまう文量。

だからといって内容は薄くなく、著者がコツコツとさまざまなアクションを続け、34歳での社長選抜、本書の執筆などにつながったと感じる。とてもまっすぐな心で書かれている内容はいやらしく感じる部分が全くなく、とてもポジティブで元気を与えてくれる。

そのため、自分のやりたい夢から逃げてしまい、行動できなかったことを悔やむ人にもタイトル通り、行動する勇気を与えてくれる読んでいて気持ちのいい著作。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「行動する勇気」のおすすめポイント

自分が行動してこうなったから、正しい。研究論文や人から聞いた話ではなく、自分の体験談を堂々と話し、多くの人に行動してもらいたい、幸運に恵まれた人生を歩んでもらいたいという願いを伝えてくれる同世代や若者に響く本。20代、30代にオススメの一冊。

杉山大輔について

杉山大輔。ニューヨーク育ち。大学1年生のときに教育コンサルティング会社を立ち上げる。8年後にコミュニケーション問題の解決をはかる株式会社を設立。2014年に元ソニーのCEO出井伸之氏に抜擢され、クオンタムリープ株式会社執行役社長就任。ベンチャー経営歴15年。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 杉山大輔 メンターとは