• このエントリーをはてなブックマークに追加

21世紀は男も女も"見た目”が100%

著者:斎藤一人

❝人は見かけで判断される”この言葉を聞いてどのように感じるだろうか。本書は数多くの経営者から尊敬をされ、納税額日本一を誇る斎藤一人氏の1冊である。冒頭の1文を読み、反発心を感じたかもしれない。しかし、本作を読めば、「人は見かけで判断される」ということに納得がいくだろう。一見反感を買いそうな話ではあるが、著者の独特の語り口調でわかりやすく、端的に説明されている。

例えば、あなたがスーパーで果物や野菜を買うときもはどのような基準で選んでいるだろうか。「美味しそうなもの」を見た目で選んではいないだろうか。それと同じように、人も見かけで判断されているのである。ホテルのレストランにTシャツとビーチサンダルで行くことを想像すると、イメージがしやすいだろう。

おしゃれをすることは決して自分のためだけでなく、他人のためでもある。会社員でも、自分でビジネスをしている人でも、清潔感や信頼感は必要だからだ。”見た目”で、どういう人間で、親しく付き合うべき人間かどうか判断されている。したがって、人生を変えるためには外見を変えるのが一番の早いといことになる。

本書ではおしゃれの大切さが述べられているが、それは自分の人生を楽しむためである。外見を整えると、周りの人の見る目が変わり、人生が変わってくるのだ。著者の言葉を借りれば、「今の外見に、生き様から考え方まで、全部”あなた自身”が表れる」ということである。どんなに素晴らしい才能をもっていても、どんなに立派な考えをもっていても、外見を整えていなければ、誰も気づいてくれないのである。

これは仕事だけでなく、恋愛などあらゆる場面に当てはまる真理だろう。本書の中では具体的にどういったものを選べば良いのか、選んだものをどう生かすのかといった詳細な内容が書かれてある。

そのほか、実際に外見を変えた人の体験談も掲載されており、参考になる部分もあるのだろう。もしかすると、お金がないからおしゃれができないのではなくて、おしゃれをしていないからお金がないのかもしれない。少しドキッとした方は1度読んでみることをお勧めする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「21世紀は男も女も"見た目”が100%」のおすすめポイント

成功したい、人生を変えたいという人に手にとってもらいたい1冊である。見た目を変えれば、すぐにうまくいくわけではないが、見た目が人生を変えるということに納得できるだろう。本書を読んで人生を変える1番早い方法は外見を変えるということにも納得がいった。本当の自分をさらけ出せていないと感じる人などにもおすすめである。

斎藤一人について

1948年生まれ。「銀座まるかん」創業者。 累積納税額が日本一で、しかもそのすべてが事業所得という異色の存在である。 ”日本一のお金持ち”であると同時に商売で稼ぎ続けている”日本一の商売人”である。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 斎藤一人 メンターとは