• このエントリーをはてなブックマークに追加

人生、勝ち組より「価値組」!

著者:宮川千明

「平均いいね!3000のFaccebookのカリスマ」「借金3000万円を2年で返した28歳女社長」「キャバ嬢崩れのコンサルタント」など波瀾万丈な人生を歩んだ著者の価値観を発信した処女作。

不遇の学生時代、大学中退後のキャバ嬢時代、大手広告代理店時代、借金返済時代など「普通の人」ではない人生を歩んできた彼女。自分がもしこのような境遇だったらどうするであろうかを想像してみてほしい。きっと周りの状況に流されて精神的に折れてしまうのではないだろうか。彼女からは普通ではないバイタリティが感じられる。折れてもまた立ち上がり、タダひたすらに行動し続ける姿に自分の人生の過ごし方について何か感じることがあるのではないだろうか。実際にどれほどのバイタリティを持って、上を目指すことにこだわっていたのか。

著者は、すごい人に会う機会があればゲストの横を陣取り、成功者への質問リストを頭の中から引っ張りだしてきて、鬼のように質問攻めをしていたと語っている。それほど成功に対する思いやエネルギーが行動に向けられていたことが想像出来るであろう。不遇の時代を過ごしたからこそのコンプレックスや思いが突き進むエネルギーになっている。誰もが一度は感じたことがあるかもしれないが、よく有る成功法則の本などは「ありがとうを常に言い続けていれば成功する」など綺麗事しか書かれていなかったり、極端な「○○するな!」というアピールするような言葉がよく見受けられる。

著者は成功している方はがむしゃらだった時代を忘れているから、結果として綺麗事になってしまっていると語っている。それよりも彼女の泥臭くも、過去を包み隠さず、前に向かって進み続ける姿から発する言葉・価値観にはリアリティが溢れているので共感出来る部分が多くある。彼女が発している発言は一見すると強いかもしれない。しかし、これからは誰でも本当の意味で強くならなければならないというメッセージを込めて書かれているのがひしひしと感じとれられる。

著者に対するイメージの好き嫌いは読む方によって必ずわかれるだろうが、これくらいの強さがないと生き残っていけないのかもしれない。「私の得意な分野って何だろう」「働く意味って何だろう」といった仕事や人生に対して迷いを持った20~30代にオススメしたい一冊である。

ライター名:ケン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生、勝ち組より「価値組」!」のおすすめポイント

人生に迷っている人や「自分の得意分野がわからない」という人にオススメの本である。著者がビジネスで成功している女性だけ働く女性にもオススメな1冊だ。

宮川千明について

1985年生まれ。中央大学法学部修了後、大手広告代理店営業の新規事業部にて売上げNo.1の実績をあげる。

その後、独立するも3000万円の事業損失を抱え失敗。キャバクラ嬢に転身後、持ち前のコミュニケーション能力を活かし、瞬く間に指名No.1に。

その後、「ウェルスダイナミクス(富の力学)」と出会い、プロファイリング分析学のコンサルタントとして、facebookの情報発信をし続け、平均3000いいねを獲得。

現在は株式会社B proud代表取締役として「ネットとリアルの融合」を掲げたO2Oを基軸にした、企業コンサルティンティングをメインに活動している。

メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 宮川千明 メンターとは