• このエントリーをはてなブックマークに追加

おもしろすぎる成功法則

著者:斎藤一人

銀座まるかん創設者で納税額日本一の商売の神様が書いた成功法則の本である。

しかし、本を開いてみるとQ&A、まわりにいる人のエピソードや斎藤一人さんのレシピなどが書かれている世にも不思議な自己啓発本である。

なぜこのような構成になったかについて一人さんはこう語っている。「おもしろい話でないと人は絶対に聞かない。(中略)楽しくておもしろい話で、相手の心を開いて、大切な話を受け入れやすい雰囲気を作る」したがって、本書は「おもしろい話」と「役に立つ大切な話」が交互にくるようになっているのである。

商売の神様が書く成功法則だが、テクニックや商売での心構えというよりも人としてのあり方や考え方が書かれてある。そして、難しい言葉を一切つかわずに誰にでもできるようなことが中心である。

本書を読んでいると、「商売で日本一になるにふさわしいほどのずば抜けた人間力を持っているのでは?」と感じるが、それは人として当たり前のことを当たり前にやってきた積み重ねで培われたものだと述べている。

本書では仕事はもちろんのこと、モテる方法、パートナーとラブラブでいる方法、不安を消し去る方法などありとあらゆる悩みを解決するヒントが盛りだくさんである。さらには体験談が書かれてあり、教えを実行するとどうなるかという部分にも触れられている。

この内容を「ふまじめだ!」と感じる人もいるかもしれないが、成功とは「おもしろい」「楽しい」の先にあるものだ。人生は悩むためではなく、楽しむためにあると明確に定義されている。もちろん「正しさ」や「まじめさ」も必要だが、死ぬ時に「おもしろかった」と言って死ぬのが成功ではないだろうかと問いかけている。何か悩んだことがあれば本書を参照できるように手元に置いておきたい1冊である。

無理矢理ポジティブに考えよう!といった類いの本ではなく、悩みの根本を見つけて解消をさせてくれるような本である。斎藤一人さんを知らない方でも最後まで楽しく読めることだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おもしろすぎる成功法則」のおすすめポイント

斎藤一人さんファンの方もそうでない方も気軽に読める1冊である。日本一の商売人が仕事、恋愛、人間関係、不安に対する答えを痛快に答えている。最後までおもしろく書かれてあるので、楽しみながら読むことができる。この本を読んでいて損はないだろう。

斎藤一人について

1948年生まれ。「銀座まるかん」創業者。 累積納税額が日本一で、しかもそのすべてが事業所得という異色の存在である。 ”日本一のお金持ち”であると同時に商売で稼ぎ続けている”日本一の商売人”である。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 斎藤一人 メンターとは