• このエントリーをはてなブックマークに追加

武器としての書く技術

著者:イケダハヤト

ブロガーとして書くことだけで生計を立てているイケダハヤト氏の1冊。

著者はウェブで稼ぐことを軸にしており、東京から高知へ移住。自分にスキルさえあれば東京にいなくても、どこにいても稼ぐことができることを主張している。「まだ東京で消耗してるの?」というブログには月間30万人が訪れ、月に50万円を稼いでいるという。そんな生活を実現するための文章術が書かれている。

よくある「コピーライティング」や「伝わる文章術」とは一線を画している。ウェブ上で書くことを前提にしており、「いかに目に留まらせるか」「いかに面白い記事を書けるか」といったことに力がそそがれている。イケダハヤト氏の言葉を借りるならば、「ウェブ上は大海原であり、ブログはストリートライブみたいなもの。」だということ。学校の先生やどこかの塾で教えてくれる接続詞の使い方や「てにをは」などには一切触れていない。その分、どうしたら人に興味をもってもらえるか、面白いと思ってもらえてもう一度来てもらえるか、について著者の経験をもとに惜しげもなく披露されている。

全5章からなり、1章は「文章が残念な人の10の特徴」、第2章は「凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法」、第3章は「月40万字を書き続けるぼくの12の秘密」、第4章は「ここまで公開していいのか?書いて月50万円稼ぐ方法」、第5章「書く技術はこんなに人生を豊かにする」である。文章だけでなく、ネタの作り方や具体的にお金を稼ぐ方法まで紹介しているのは親切だと感じた。

本書はこれから文章を書いて生活をしていきたいという初心者の方がおすすめだ。チラシや販促のPOP作りなどで使われているコピーライティングとは違う、記事の企画力なども身に付くように思う。だが、コピーライティングを学んだことがある人にとっても勉強になることは多々あるだろう。ただし、注意しなければならないのはこの本に書いてあることをやればすぐに稼げるわけではないということだ。

イケダハヤト氏はここに書いてある方法で今のライフスタイルを実現したことは紛れもない事実だ。しかし、今にいたるまでに自分の頭で考え、試行錯誤を繰り返し、何万文字も書いて辿り着いたことを忘れてはならない。そのノウハウを学び、自分なりのオリジナリティを加えていけばブログで稼ぐこともできるようになるだろう。

長期計画で会社員から独立したい人やすでにブログをやっている人などにはおすすめの1冊だ。情報発信をしている人なども読んで参考になる部分があるだろう。私もウェブのライティングをすることが多いが、学ぶべきこともたくさんあった。文章に関わる人は読んで損のない本だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「武器としての書く技術」のおすすめポイント

これから情報発信をしていきたい人やすでにブログをもっている人におすすめだ。コピーライティングのように1行で何かをつたえたり、セールスをするではなく、ネタ作りから記事の書き方までが親切に紹介されている。もちろん、文章を学んだことがある人にもおすすめだ。

イケダハヤトについて

イケダハヤト。プロブロガー。1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。

と思いきや会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。会社員生活は色々と辛かったので。

2011年からはフリーランスのプロブロガーとして、高知県を中心にうろうろしています。著書に「年収150万円でぼくらは自由に生きていく(星海社)」「武器としての書く技術(中経出版)」「新世代努力論(朝日新聞出版)」などがある。

メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 イケダハヤト メンターとは