• このエントリーをはてなブックマークに追加

今日が、人生最後の日だったら。

著者:千田琢哉

20代からの定評が高い著者がおくる悔いのない毎日を手に入れる50のヒントをまとめた本。他の著書と同じく、シンプルな書き方で読みやすい。内容は著者の本を多く読んだ人からすると同じような部分もあり、見慣れた感じがするのは否めないが、毎回新しいエッセンスは取り入れられている。

今回の内容は、限りある人生でやっておくこととやらないこととしてまとめられており、今の若者がかかえている将来の不安や人生設計を持ち前の人生経験で語ってくれる。特にタイトルにも影響を与えている時間の価値観について大きく取り上げており、恋愛から悩みの解決まで幅広いジャンルが含まれている。

20代でまだ千田氏の本を呼んでいない人はぜひ一度手に取ってほしい。かなりの数があるので、今の自分がビビッと感じたタイトルの本を読んでみてはいかがだろうか。そういう意味では、本著はある程度、時間に対する責任の重さを感じてきた20代におすすめといえるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今日が、人生最後の日だったら。」のおすすめポイント

20代若者であれば、一度は手に取ってほしい本。ある程度、千田氏の本を読んだ人であれば、疲れたときのサプリメントといったかたちで気軽に読んでみるといいだろう。時間を意識したいときにもオススメ。

千田琢哉について

著述家。愛知県出身。学生時代に10000冊を超える書籍を読み、社会人時代では、3300人を超えるエクゼクティブと10000人を超えるビジネスパーソンと触れ合う。その対話によって得た事実と培った経験を活かし、「タブーへの挑戦として時代を創る」をミッションとして数多くの本を執筆をする。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 千田琢哉 メンターとは