• このエントリーをはてなブックマークに追加

中谷巌の「プロになるならこれをやれ!」

著者:中谷巌

「プロになって宮仕えの悲哀から脱出したい」と考える人たちに向けて、一流プロに特有の人生観を説き、必要性を強調した本。
内容は『日経キャリアマガジン』に連載されたインタビュー記事を加筆修正して単行本化でもあり、読みやすいものともなっている。

本書では、プロフェッショナルとは高度な技術や知識を兼ね備えた人間を指しているが、一番強く主張しているのは、前提条件として、自分の価値観、判断力、人生観を把握することの必要性をあげていることを主軸に、1つの話は短くしながら、
「自分の価値観にこだわれ」
「転機を逃すな」
「退路を断て」
「直感を概念化する能力を磨け」
「表現力を鍛えよ」
「英語を身につける」
「鉱脈クラブに入会しよう」
「国家に思いを馳せよ」
の8章にわたって書かれている。

プロフェッショナルになるためのマニュアル書ではなく、プロになるために必要な価値観の大切さを自発的に考えさせられる本。
大切な概念が散りばめられているが、あまりにも自然に書かれているため、さらっと読んでしまうかもしれないところもあるが、一読する価値のある本。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中谷巌の「プロになるならこれをやれ!」」のおすすめポイント

自分が将来や現状に対して不安を持っている人や目的意識がない状態で資格の勉強をするなど、プロを目指している人にはもちろん、20〜30代の若い人にも自己啓発のきっかけとしてもおすすめできる。
若手ビジネスマンの価値観を伝えたい経営者や人事も読んでみるといいかもしれない。

中谷巌について

1942年大阪に生まれる。一橋大学経済学部卒業。米国ハーバード大学Ph.D(経済学博士)取得。大阪大学教授、一橋大学教授、ソニー取締役会議長を経て、三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長、多摩大学学長。アスクル、富士火災海上保険などの社外取締役も務める
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 中谷巌 メンターとは