• このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページのつくり方

著者:菅谷信一

ホームページのつくり方というタイトルから「エンジニア向けの本」「プログラムの本」と思われるかもしれないが、描かれている絵のごとく、シンプルでわかりやすいノウハウを列挙された一冊

自己満足で終わる言語をつらねた教科書のようなありがちのパターンではなく、成果第一主義の視点にたち、プログラムでかたちにするまでの骨組みをまとめたまったく新しい本。

構成は著者が長年かけてためてきた経験値が存分に使われており、「17年間変わらない、ネットでの問い合わせを獲得する原理原則」「コンテンツを戦略的に構築するために必要なもの」「高反応率を築くホームページ製作5つのフェーズ・20の実践のステップ」「実例で学ぶ高反応率ホームページ企画アイデア術集」「ソーシャルメディアでホームページを10倍開花させる」の5つの項目があり、実用的な方法が記されている。

特に「20の実践ステップ」は、USPの洗い出しから戦略コンセプト提案、コンテンツ構築などが大半をしめ、実際のデザインやコーディング、公開までは最低限に書かれているところはプログラムがわからない人でも容易に理解できる。

また、50を超える実際に著者がかかわってきた事例も豊富に掲載されており、どこからか持ってきた成功事例や本からひっぱってきた内容ではないところは自信の表れとも言える。

他にもホームページのコンテンツを魅力的にする質問の仕方やITツールの使い方など、細かいところやおまけコンテンツも充実したものとなっている。中小企業の会社がホームページで攻めるときに、自分を見直すときにも使える本。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページのつくり方」のおすすめポイント

ホームページの初心者の知識取得からベテランまでの確認用まで幅広くお勧めできる。その中でも、コンテンツ重視型にシフトし、ホームページの中核から作っていく内容は、デザイナーやエンジニアよりも企画立案者にぜひ読んでもらいたい一冊。他にも、自社の商品・サービスの売りをこれから探したい、思いつかないから助けが欲しいと考えているかたにも読んでもらいたい。

菅谷信一について

株式会社アームズ・エディション代表取締役。ネットとアナログの融合による低コスト顧客獲得術、営業戦略立案により、資金のない倒産寸前の零細企業の業績を短期間で改善することを得意とするネットコンサルタント。業界キャリア15年で400件のプロデュース・サポート実績は、ノーベル賞を輩出する国家研究機関、一部上場企業、ボクシング世界王者から個人商店、農家まで多岐に及ぶ。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 菅谷信一 メンターとは