• このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言

著者:西沢泰生

著者の20年かけて集めた知識や雑学を33の物語と90の名言に集約した本第2弾。

仕事や人生、人間関係で悩んだ時に心をあったかくしてくれる1冊。どのページを読んでも、タメになるお話がてんこもりで20年の積み重ねは伊達ではない。

構成は大きく分けて「人とのつながり」「シゴト」「生き方」の3部構成で大切な人に伝えたい11の物語として分けられている。

物語もジャンルも様々で「徳川家康のヒト操縦法」「秀吉のマツタケ狩り」「本田作左衛門の名コピー」の歴史、「王監督を激怒させた言葉」「もらえなかったサインボール」のスポーツ、「ゴミ箱に捨てられた三谷幸喜の脚本」「ゴルゴ13が握手をしない理由」「クララの涙」「黒沢明の恐ろしい遠足」の映画・アニメなど、いろいろな分野の感動ストーリーが入っている。

さらにその分野に詳しくなくてもとても読みやすい文章はさすがのひと言。ジャンルに絞らず、どこからこんな話を?と思わせる「アイム・ソーリー法」「靴磨きの源ちゃん」「伝説の少年ジャンプ」「ニューハーフの兄弟が泣いた日」などどこから読んでもしっくり入ってくる一冊です。名言もあえて90に絞っているところもよく、1つ1つが厳選された言葉なのはもちろんのこと、出典がわからなくても載せてしまう筆者の伝えたい思いがひしひしと感じられる作品。

人間に生まれて良かったとあらためて認識させてくれる心あたたまる傑作であるこの本を読んで、もっと読みたいと感じた人はぜひ第1弾の「大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言」も手に取ってもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言」のおすすめポイント

何か大切なことを忘れてしまったなぁと感じている人、仕事や人間関係のストレスに追われ、もう人生が嫌になってしまった人、幸せや夢という言葉を聞いて憂鬱な気分になってしまう習慣がついてしまった人のような最近ネガティブになってしまった方だけでなく、楽しい話や心あたたまる話を集めている人、人に話したい人、カウンセラーやヒーリングなどを行っている人、講演家やセミナー講師の短いお話のネタとしても幅広いところで活躍する本。

西沢泰生について

中学生のときにテレビでクイズ日本一決定戦を観てクイズ王に憧れる。「アタック25」「クイズタイムショック」などで優勝。大学卒業後は会社員となり、約20年間、社内報の編集を担当。日々、書籍やテレビから知識、雑学を得続けた結果、様々なエピソードや名言に精通。現在、複数の著作を出版。
メンターナビについて

気になるメンター、コーチング、自己啓発の本を検索し、おすすめポイントや名言を検索して著書を購入前に参考にできるサイトです。以下の関連する情報を知ることができます。

メンターナビに掲載情報の関連ワード
メンター一覧 日本人メンター著書 西沢泰生 メンターとは