• このエントリーをはてなブックマークに追加

人の価値は、彼がどれだけのものを得られるかではなく、どれだけのものを与えられるかで見るべきだ

アルベルト・アインシュタインの名言

参考著書:Twitter名言、Wikipedia

人間はいつか必ず死ぬ。そのときに何も持っていくことはできない。

つまり、どれだけのものを得ても、死んでしまうと何も意味をなさなくなってしまう。

しかし、与えることは違う。与えたことによって、その人の感謝や感動は受け継がれる。伝えられる。歴史に残る。それこそが人間の価値といえよう。

アルベルト・アインシュタインについて

ドイツ生まれのユダヤ人。理論物理学者。相対性理論をはじめ、数々の業績を残し、20世紀最大の物理学者、現代物理学の父と呼ばれる。1921年、ノーベル賞を受賞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加