• このエントリーをはてなブックマークに追加

もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。

レフ・トルストイの名言

参考著書:世界の名言100、wikipedia

苦しいという感情は大半の人間にとってはなくなってほしい感情である。

しかし、その苦しさがあるから人は限界を超え、進化してきた。

痛みを感じるから医療が発達し、いつか死ぬと知っているから、短い人生の中で他の生物よりも圧倒的に進化した。

これが1000年生きる苦しみを何も伴わない無敵の生物であったら、ここまでの進歩はなかっただろう。

今の苦しみはあなたの進化の前段階にすぎない。

逆に言えば、苦しみがないことは何もチャレンジせず、進化することをやめたことに等しい。
常に苦しみを求めよ。常に進化に貪欲であれ。

レフ・トルストイについて

ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並ぶロシアを代表する小説家、文豪。ロシアの文学のみならず政治にも大きな影響を与えた。平和主義者としても有名。彼の思想にはインドで独立運動を実践したガンジーが共鳴したきっかけとも言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加