• このエントリーをはてなブックマークに追加

友人の苦しみに共感するのは誰でもできるが、成功に共感するには、きわめて優れた資質を必要とする。

オスカー・ワイルドの名言

参考著書:オスカー・ワイルドに学ぶ人生の教訓

他人の不幸は蜜の味という言葉もある通り、人間は自分を優位に立たせたり、安心したりしたい生き物である。

これを知っていれば、あなたが成功したときに友人が祝福してくれなかったとしても不快に思うことはないだろう。

逆に心から喜び、嬉しそうにしている相手は心を開いてつきあうべき相手を見極めるポイントでもある。

逆に苦しいときや大変なときだけ手を差し伸べてくれる友人には要注意。あなたを見下している可能性が高い。

あなたも同じことはしていないか?
自分より可哀想な人や優越感に浸れる人と一緒にいないか?
それを常に意識すれば、より早く高い世界へ行くことができる。

オスカー・ワイルドについて

オスカーワイルド。アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。 「個」の素晴らしさを説く天才。1854年生まれ。 オックスフォード大学に学び、芸術至上主義を唱える。 劇作家として成功を収めるも、当時の非人道的な法律により裁かれ、同性愛の罪で服役。 さらに破産宣告を受け、世間から見捨てられる人生を送る。 彼の文業と生き様は世界中に影響を与え、日本でも森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎らが意識したと言われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加