• このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らしく、思ったままを言葉にしていいんだよ。だってあれこれとやかく言う人を大事にする必要はないんだし、君が大事にしたいと思う人はあれこれとやかく言わないもんさ。

ドクター・スースの名言

参考著書:世界は言葉でできている、Wikipedia

日本では特に「こういうことを言ってしまってはいけないんじゃないだろうか」とか「相手の立場をわきまえて自分は我慢しなくてはいけないんじゃないだろうか」という考えが浸透している。それが悪いといっているのではない。そうじゃない生き方も悪くないと言いたい。

あれこれ言われたら、その人とは折り合いつかないし、仲良くなれないんだから距離を置けばいい。逆に「へ?そんなこといったっけ?」くらいのノリで今までと変わらない人だっている。そうやって大切な人を1回見極めるのにも効果的だと思う。

誰にでも好かれることはできない。全ての人を好きになるのは難しい。疲れるだけ。人生長くない。だとしたら、最高の人を早い段階で見極めよう。

ドクター・スースについて

日本ではあまり知られていないが、欧米では数々のスーパースターと肩を並べるとして有名な絵本作家。どんな子供でも必ず一度は彼の絵本を読むと言われている。現代のマザーグースとも呼ばれた。「帽子をかぶったネコ」「きみの行く道」「グリンスはどうやってクリスマスを盗んだのか」が代表作。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加