• このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪の策とは、ほとんど常に、もっとも臆病な策である。

ナポレオン・ボナパルトの名言

参考著書:Twitter名言、世界は言葉でできている

いつの時代も人が集まった会議で決められる最悪の策は、何もしない現状維持だ。もしくはほとんど変化がない行動だ。新しいことをして失敗するのが怖い臆病な決断である。

現状維持して良いことが起きることはほとんどない。なぜなら前に進むことを辞めたからだ。その間も周りはどんどん進んでくる。

相手を凌駕するためには相手に抜かせる隙を与えないことだ。

ナポレオン・ボナパルトについて

フランスの国民的英雄。当時、革命の真っ只中であったフランスが大混乱に陥った際、未来への光りをもたらした男。類い稀なる戦略と圧倒的な人心掌握術でその影響力を拡大し、皇帝の地位まで上りつめた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加