TEDトーク 世界最高のプレゼン術【実践編】

著者:ジェレミー・ドノバン

「TEDトーク中毒」と自称する著者が、何百本ものスピーチを分析した結果をもとに、人気TEDトークのプレゼンテクニックをまとめたものとなっている。TEDとはTechnology Entertainment Designの略称で、様々な分野で活躍する人による講演会を主催している米国の非営利団体である。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト社会長)やシャーリー・サンドバーグ(フェイスブックCCO)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領)なども講演を行った。人を引き付けるプレゼンと言われると、どの様なスピーチを想像するであろう?聴衆を引き付けるプレゼンにはどんな共通点があるのか。

18分間という短いプレゼンでありながら、聴衆の人生を変えるほどの影響力をもち、何百万という人を惹き付けるTEDトーク。本書には、4部22章にセンテンスが分かれ、105のテクニックが紹介されている。人気のスピーチを、プレゼンアウトラインとして、図表により分析され、パートの組立を縦軸に、横軸が前提・証明に加え、導入・結論が分かりやすく書かれている。

プレゼンの構成や聴衆を引き付けるためのポイントはもちろん、講演者がさりげなく使っているテクニックなども学ぶことが出来る。プレゼンターの動きや、服装、間ですら、緻密に計算されたプレゼン構成の一部となっていることに驚かされるだろう。この本を通して、ひょっとしたらあなたも、いつかTEDのステージに立つ日が来るかもしれない。

ライター名:I.moco

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「TEDトーク 世界最高のプレゼン術【実践編】」のおすすめポイント

ビジネスシーンなどで自分のスピーチ力・プレゼン力を上げたい人。また、TEDが好きな方にお勧めだ。講演者がどのようにプレゼンを構成しているか分析・解説されているので、実践に応用でき、さらにTEDがより楽しく見ることができるだろう。

ジェレミー・ドノバンについて

アメリカコネチカット州スタンフォードに本拠を置くIT分野のリサーチ・アドバイザリ企業、ガトナー社のマーケティング担当副社長。TED×イベントのオーガナイザーであり、講演家でもある。トーストマスターズ・インターナショナルのメンバー。