エッセンシャル思考

著者:グレッグ・マキューン

2014年の全米ベストセラーの翻訳本。
アップルやグリー、フェイスブックにツイッターと大御所たちにアドバイスをしている著者の「99%の無駄をなくして1%に集中して結果につなげる方法」を紹介している。
その方法こそがタイトルにもなっている「エッセンシャル思考」だが、これはただのマネジメント技術やライフハックの類いではない。その人にとって一番重要なことを見極めて、実行にうつすための方法論である。

エッセンシャル思考をシンプルに表すと「より少なく、しかしより良く」とまとめられる。そのためにはものの見方を変えたり、枠を広げたりすることが必要であり、時代もそれに合わせて動き出そうとしていると著者は述べる。
一見、「エッセンシャル思考」のような「◯◯思考」だと難しく感じてしまうかもしれないが、非常にわかりやすい内容となっている。
「より少なく、しかしより良く」をクローゼットを整理する方法に例えてみたり、世界中の「エッセンシャル思考」を実践している様々な業界の人たちを幅広く網羅した例は圧巻のひと言。

途中には「遊び」や「睡眠」など現代では「遊びはいらない」「睡眠を削れ」などの常識の枠を壊してくれる章も多い。特に最後の方にまとめられている「エッセンシャル思考は周囲の人と同化しない」という表記は真髄をついており、「人がイエスというときにノーという」「人がストレスで悩んでいるとき、豊かで充実な暮らしをする」など今までの価値観を変えてくれる1冊となっている。近いうちにこれを日本で実践する人が表れるのもそう遠くはないのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エッセンシャル思考」のおすすめポイント

仕事に追われて充実した生活ができていない人、何でもできちゃうから何でも引き受けてしまう人、何か1つに力を注がなければまともな結果を得られないとわかっていても仕事のときには忘れてしまって中途半端にやってしまう人にはぜひ本書を手に取ってもらい、人生の方向修正をしてみてはいかがだろうか。

グレッグ・マキューンについて

グレッグ・マキューン。シリコンバレーのコンサルティング会社THIS.IncのCEO。エッセンシャル思考のライフスタイルを広めるために世界各国で講演をしている。アップルをはじめ、GoogleやFacebook、Twitterなどの有名な企業にアドバイスをしている。2012年に、世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選ばれた1人。