1分間ジャック・ウェルチ

著者:ジャック・ウェルチ

“20世紀最高の経営者”と言われているジャック・ウェルチの戦略を8つの観点から捉え、企業やリーダーのあり方が書かれている1冊。経営についてかかれたものやジャック・ウェルチを取り上げた本はすでに何冊も出版されているが、書名のとおり手軽に要点をつかめるのが最大の魅力であろう。

今、行き詰まっている方や方向性を見失っているリーダーはよむべき本である。現代の日本はアジア企業との低価格競争に自信を無くし、方向性を見失っている。それはまるで1980年代のアメリカと日本の関係のようだ。当時の日本は低賃金と高い技術力を武器に輸出攻勢によりアメリカを追い抜かす勢いだった。その逆風の中、成長し続け売上を伸ばしていたGEという企業がある。その企業を経営していた男「ジャック・ウェルチ」。逆風をものともしないあり方や姿勢は時代の流れが早い現代でも変わらないはずだ。

本書は 「リーダーシップとは何か?」という一言では言い表せない問いにも答えてくれているような感覚を覚える。
8つの戦略を紹介すると、
①事業戦略
②人材戦略
③スピード戦略
④発想戦略
⑤失敗戦略
⑥リーダー戦略
⑦組織戦略
⑧危機管理
である。
戦略のタイトルを見ただけではわからないかもしれないが常に成長していくためのエッセンスを本書から取り入れられることだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「1分間ジャック・ウェルチ」のおすすめポイント

これから起業をしようとする人よりもすでに経営をしている方や企業の役員の方々に特におすすめしたい1冊である。また、企業の中で埋もれずにリーダーとして引っ張っていきたいやる気のある社員も読んでおいて損はない。

ビジネス書にしては小さくかさばらず、1つ1つの戦略が簡潔にまとめられているので、通勤などの移動時間などでも十分読めるだろう。ビジネスマンとして恥をかかないためにも20世紀最高の経営者と言われるジャック・ウェルチのことを少しでもかじっておいてはいかがだろうか。

ジャック・ウェルチについて

世界最大級の企業GE(ゼネラル・エレクトリック)にて約20年間、CEOと会長を務めた。時代遅れになりかけていたGEを大きく成長させ、「20世紀最高の経営者」として賞賛もされた。