ZERO to ONE 君はゼロから何を生み出せるか

著者:ピーター・ティール

シリコンバレーでもっとも注目される起業家、投資家のひとりであるピーター・ティールが母校スタンフォード大学で行った起業議事録をもとにした1冊。

著者はオンライン決済サービス・ペイパル創業者のひとりである。シリコンバレーといえば世界のイノベーションを引っ張っているイメージがあり、Facebookやアップルなどの名前が思い浮かぶ。そういった次世代を牽引する企業が生まれる一方で、数々のスタートアップ企業が消えていっている。

しかし、そんな中でも次々と成功しているのが著者であるピーターだ。

書名とおり、0から1を生み出してきたから書ける本音が強烈なメッセージとして書かれている。

ITバブルがはじけたとき、シリコンバレーには4つの常識が生まれた。
それに対し、ティールは正反対とも言える理論を展開した。

①リスク分散ではなく、大きな賭けをしろ
②とりあえず行動の前には、おおまかでもいいから計画を立てる
③すでにあるものを改良して競争するのではなく、世にないものを作り出し独占をすること
④よい製品を作るだけではなく、販売も同じくらい大切だ
以上、4つの理論を打ち出した。

この理論をもとに「独占」することの大切さを訴えている。独占こそが成功するたった1つの条件だと。

独占をすれば、余裕が生まれる。その余裕こそが会社の倒産や利益を度外視して、「面白いもの=世に無いもの」が作れるのだ。したがって、他社の模倣をしているだけならば起業をする意味はない。

もちろんそこには具体的なステップやノウハウはない。
すべて自分で作っていくのである。

「人は自分の人生をポートフォリオみたいに分散するこはできない。誰も真似のできない圧倒的な価値を生むためにはすべてをつぎ込む覚悟でやれ」という強いメッセージも感じられた。

また、投資家としての意見も述べている。「我々、すべての人間は投資家である」という。企業も個人も日々の暮らしの中でつねに選択をせまられている。仕事であれば、数十年後にも価値があるのか、と考える必要があるのだ。

何も起業だけが最良の道ではない。優秀な人間であっても、起業に向かない人は優良企業に入った方がリターンが大きい場合もある。

「自分の目的を達成するためには何をすれば最もよいのか?」を“投資”という視点をもって考える必要がある。

ほかにも、製品がずばぬけていれば営業は必要ないか?
機会は人間を代替するか?
ダイバーシティはいいことか?
などの問いにもロジカルかつ分析的に意見が述べられている。

本書は起業について書かれてあるが、それは人生にも通ずる部分がある。How To本ではないため、起業をしようとする人が読んだとしても具体的なテクニックは書かれていない。

世の中に圧倒的な価値を生み出してきた著書だからこそ書ける、熱い想いや考え方がしるされている。起業家でなくとも、心を揺さぶられる項目があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ZERO to ONE 君はゼロから何を生み出せるか」のおすすめポイント

現在起業をしている人、起業志望の人にはぜひ読んでおくべき本だろう。起業をすることの意味や目的を思い出させてくれる。多くの企業が消えるシリコンバレーにおいて、次々と成功企業を生み出している著者が強い言葉で書いている。現状を打破したい人やアーティストなどが読んでも面白いだろう。

ピーター・ティールについて

シリコンバレーで最も注目される起業家・投資家のひとり。PayPalの共同創業者であり、2002年にeBayへ売却。Facebook初の外部投資家となった。その他、航空宇宙、人工知能、エネルギー、健康、インターネットなどの分野でスタートアップに投資をしている。